中学受験は厳しく険しい

中学受験を深く理解されている保護者は、その道がひどく険しい道だという事を理解されているため、お子さんに小さい頃から中学受験準備ともいえる教育を考えます。教育熱心なご家庭では小学校低学年時から進学塾の低学年クラスに通わせたり、お母さんと一緒に算数や漢字のドリルを行ったり、学習する時間を設けています。

小学校4年生くらいから、多くの保護者が中学受験を目指し塾に通わせるようになりますが、遊びの時間が減る事はもちろん、お友達とのお付き合いも時に断らなくてはなりません。また習い事など好きな事をやめる必要がある場合もあります。お子さんにとって、中学受験を目指すという事が大きな負担となる事もあります。保護者は中学受験を目指す意味、またそこには何が必要なのか、お子さんとじっくり話し合いを行う事が重要です。

納得して勉強をしてくれるお子さんならいいのですが、中には公立中学に行きたいというお子さんもいるでしょう。こうしたお子さんは心に大きなストレスを持つことも多いので、私立中学の良さなどを十分理解させ、中学を選択する意味を知らせることが必要です。

中学受験は厳しく険しい道という事をご家族全員が理解し、様々なことをフォローしていく決心をしましょう。厳しい道を歩くお子さんのサポートはご家族しかできないのです。