小学校3年までは基礎力を磨く

早い段階から中学受験を志すご家庭では、小学校低学年からその準備を始めています。教育熱心なご家庭では、進学塾の低学年クラスに入れて勉強させるという事がありますが、進学塾を利用しなくても、自宅で勉強する癖をつけていけばいいでしょう。

小学校3年生までは受験動向、という事よりも、基礎学力を磨く時期です。自宅で漢字や算数のドリルを行う、学校の宿題が終わったら次の日の予習をしっかり行う、こうした勉強の時間をしっかり持つということで構いません。小学校の低学年くらいまでに、自宅で勉強する事は当然の事、宿題は復習、その他次の日の授業のための勉強を行う事が当たり前なのだという生活を継続しましょう。

高学年になってからいきなり勉強する時間を増やせといっても、いう事を聞かないお子さんが多いです。でも低学年のうちに勉強する事が当たり前になっていれば、自然に行う事なので反論もありません。中学受験を目指すお子さんではなくても、高校受験、大学受験時には勉強する事が必要なのですから、自学を行う時間を小さい頃から持っておくこと、癖にしておくことは重要な事です。

低学年時が自宅で勉強する時には保護者もできれば近くにいて、漢字のドリルを見てやるとか、算数の計算を見てやるなどするといいでしょう。