6年の夏は「伸び時!」

小学校6年生の夏休みにありがちな事、それは保護者がつめこみ学習を計画しすぎるという事です。夏休みは勉強する時間がたくさんあります。小学校6年生は中学受験間近、小学校6年生の最終段階となりますので、保護者がお子さんに向けて頑張ってほしいと学習計画を練るのもわかります。

でもお子さんにも許容量というのがありますので、過剰な学習計画を立ててしまうのはよくありません。お子さんこそ夏休みが勝負と思っているはずなので、気持ちにも余裕がなくなり、かえって精神的バランスを崩してしまう可能性も出てきます。

夏休みは塾でも指導に熱が入りますし宿題もしっかり多くなります。また勉強合宿や夏季講習などそれでなくてもスケジュールがいっぱいになります。そこに保護者が通信教育のテキストを増やしたり、塾の昔の宿題をもう一度やるようにと勝手にスケジュールを組むとお子さんはパンクしてしまいます。

確かに小学校6年生は実力がぐっと伸びる時期です。その伸びを止めてしまうのもぐんと伸ばすのも親の手腕にかかっていると考えてください。塾の講師に相談し、家庭教師による苦手科目の克服が必要であれば、その対応を、また進学塾で個別指導が必要かどうか相談してみるのもいいでしょう。独断で勝手にお子さんの勉強量を増やすことは避けた方がいいのです。