過去問は小6の秋から開始

志望校が早く決まっているご家庭では、保護者が早くから過去問題集を買ってきてお子さんに自学時間にやるよう勧める事が多いのですが、それは小学校6年生の秋まで待っておく方が安心です。なぜ小学校6年生の秋まで過去問をやらせないほうがいいのかというと、小学校でそこまでの単元を修了していない可能性があり、もし塾でその単元を行っていたとしても、中学受験で出題される応用問題などが解けるレベルにお子さんの学力レベルが達していないことが多いからです。

こうした状態の中お子さんに過去問をやらせても、できないためお子さんが落ち込む可能性の方が高いです。過去問題を行ってみてまったくできない、できても合格点に達しないとなるとお子さんは自信を失います。こんなに勉強してきたのにできないという事は合格なんで無理と諦めてしまう可能性もあります。そうならないように、過去問は時期をよく考慮して始める方がいいのです。

小学校6年生の秋になれば、塾でも過去問を宿題に利用する事がありますし、自学の時間に過去問を解いておくようにといわれます。あくまでも過去問の利用は自学、宿題の範囲で行われますので、早くから取り掛かるように考える保護者も多いのですが、これは受験に対して逆効果になる恐れもあるのため、しっかり時期を考えた学習が必要となるのです。