併願校と第一志望

志望校の設定は中学受験を目指すご家庭にとって非常に大切な事であり、しっかりと納得のいく決定を目指してほしいです。保護者が決めてしまう事もありますが、必ずお子さんに相談し、お子さんの意思を尊重する事も忘れないでください。

志望校を決める一つの要因に偏差値がありますが、偏差値は以前よりも確実な数値になっていないといわれています。中学受験実施校の中でも御三家や難関中学では非常に個性的な問題、難しい問題が出題され、年ごとに出題傾向を変えるところも少なくないので、偏差値の幅が広く、以前よりも合格を測りにくくなっています。そのため、参考程度にしておき、普段の成績や塾の講師に相談しながら、またお子さんの性格、意思を尊重しながら決めていきます。

第一志望の決定はこうして決めていくわけですが、併願校の選定はどうしたらいいか、まず偏差値については志望校設定の時と同じくあまり突き詰めて考えなくてもいいでしょう。併願校とはいえ、もしも第一志望に合格しない場合、通う可能性がある学校となりますので、お子さんの性格や学力に適した学校を選択すべきです。併願校は第一志望よりもレベルを落として決めていきますが、この場合も塾の先生によくお話を聞き、お子さんの学力で合格できる可能性の高いところを選ぶようにしましょう。