お試し受験しておきましょう

気が弱い、優しい、消極的な性格のお子さんは、受験日当日緊張してしまい実力を発揮できないこともあります。その為多くのご家庭では第一志望の学校の受験日前に、お試し受験を行って試験場の雰囲気、緊張感に慣れておくなど対策を練っています。

お試し受験は多くのお子さんが経験しますが、本番試験の前に行っておく試験の練習と考えておくといいでしょう。首都圏内の中学受験実施校は私立中学の協定などがあり、東京、神奈川については2月の試験、千葉、埼玉については1月の試験と時期がずれています。東京や神奈川に第一志望の中学があるようなら、1月の千葉や埼玉の中学をお試し受験し、試験の緊張感や雰囲気に慣れておこうとするものです。

模試は休日に行われるのでサラリーマンなども少なく困ることなく受験会場に到達できますが、中学の入試は平日に行われるので、サラリーマンの移動時間にばっちり当たる事もあります。平日の移動に慣れておくという事でも、お試し受験はしておく方が安心です。

また当日、持ち物の確認を焦らず行うことができるか、洋服の選択はいいか、受験が終わった後スムーズに帰宅できるかなどをお試しする事もできます。洋服の選択については寒かった、暑かったなど試験に集中できるかどうかもかかわってきますので、大切なことです。