親がサポートできること、できないこと

教育熱心な保護者にみられがちなのですが、お子さんの事を何もかもしてあげようとする保護者は考えを改めてください。中学受験では自主性も求められます。面接の際、親の顔を見ながらお返事を模索するようでは困るのです。親子面接でも面接官の顔をしっかり見つめ、深く考え、自分の言葉で質問に答える事ができるようではないと学力がいくら高くても、不合格となる可能性もあります。

少子化が進み、お子さんにかける時間、お子さんに費やす費用をかける事ができるようになった現代は、育児、教育にも2極化が見られます。お子さんの事ばかりに気を取られ、なにをするにもお子さん中心、何でもやってあげる甘すぎる保護者、逆に塾に行かせているのだから後は自分で頑張りなさいよと全く子供に興味を示さない放置の保護者、この2通りの保護者を見かけることが多くなりました。

両方よくないのです。保護者は中学受験に限らず、自分が出来ることをすべてお子さんにしてあげることも、まったく顧みないこともお子さんの教育にとってはマイナス行為です。お子さんができることはお子さんが自主的にやる、保護者が「サポートできること」は保護者が自主的に行う、放置するでもなく過保護にするでもなく見守る事が重要なのです。

中学受験について親がサポートできることは学校の情報収集、塾などの費用のサポート、そしてお子さんの健康管理と精神的なサポートです。なんでもしてあげるのは間違いです。